絹の郷
お問い合わせ 0266-24-8822
メール問い合わせ
ごあいさつ
認知症ケア
ゆったりライフ
居室
お食事
スタッフより
イベント日記
体験入居
ご入居費用
ご入居の流れ
よるある質問
短期利用
デイサービス
施設の立地
テレビコマーシャル
施設の設備
個人情報保護方針
求人情報
サイト利用規約
わたしたちの想い
医療と結びついた根拠に基づく新しい認知症ケア  キョウメーションケア
キョウメーションケアとは、医学・看護学・介護学などと結びついた根拠に基づく認知症ケアの事です。それぞれの認知症状に合わせた根拠あるケアをすることにより、ご入居者様のストレスを軽減し、認知症状の進行を抑えることが出来ます。
絹の郷では、社団法人認知症高齢者研究所の指導を仰ぎながら、積極的に介護現場に取り入れております。
対象者 86歳 女性 介護度2
入居後1年6ヶ月
認知症診断 アルツハイマー型
日常生活自立度Ⅳ FAST6
目的
情報を共有してチームケアを行い、行動・心理症状(BPSD)の軽減・改善を図る
[帰宅願望] [睡眠障害] の軽減、改善
基本情報の収集
分析(仮説)と実践
仮説1
体調不良
実践 身体疾患への対応・精神的不安定への対応
・便秘、腰痛、背中の痛みに対して便秘薬の服用や湿布の使用
・パーソナルヒストリーの聞き出しから、ご本人の時代に一緒に入り込んだ
・場所を移して気持ちを変化させた
仮説2
現状生活での不満足感
実践 心理的アプローチ
・生活リハビリ
・「洗濯たたみ・コップ拭き」をやっていただいた後、感謝の気持ちを精一杯伝える
仮説3
自律神経の乱れ
実践 体温低下・水分補給の改善
・入眠時に体を温める
・中途覚醒時 温かいタオルで体を拭く、着替えをして温かい飲み物を飲んで頂く
・目標水分補給量の引き上げ 1000cc→1500cc
仮説の検証
不穏状態の頻度減少 → [帰宅願望]の軽減
異常バイタルの減少 → [睡眠障害]の軽減
体温の乱れの解消
異常バイタルの減少
睡眠障害改善
継続的に繰り返し行うことでより的確なケアを
PDCA 計画(Plan)
実行(Do)
評価(Check)
改善(Act)

この一連のサイクルを繰り返し行うことで、お一人お一人にとってよりよい認知症対策を探すとともに、日々のケアを的確に行ってまいります。
第9回羽田野杯 「キョウメーションケア 研究会 事例発表会」最優秀賞受賞
ゆったりライフ